Photoshopブラシツールの使い方 手ぶれ補正やブラシファイルの保存方法

ブラシツールの使い方

ブラシツールはイラストにもデザインでもよく使う重要なツールです。操作を慣れてくれば使いやすくなってきます。これから説明して行きます。

ブラシの選び方

描画色のカラーを設定して

使いたいブラシを選んで描画すれば描けます。

使い始めの時はブラシを登録しすぎないこと

使い始めの時はブラシをあまり登録しすぎないでください、ブラシを登録しすぎるとあまりのブラシの多さに混乱して何を使ったらいいか分からなくなるからです、使うブラシだけから始めて、徐々に追加していってください。

ブラシサイズ変更のショートカット 硬さも調整できます

  • ブラシサイズを大きくする ] を押すと大きくなる
  • ブラシサイズを小さくする    [ を押すと大きくなる
  • ブラシサイズを硬さを増やす shiftと ] を同時押しで増える
  • ブラシサイズを硬さを減らす  shiftと  [ を同時押しで減る
  • ブラシサイズの変更 alt を押しながら左右に右クリックでドラッグ
  • ブラシのぼかしのサイズ変更 alt を押しながら上下に右クリックでドラッグ

イラスト描いててやっぱり便利なのが ]  [ でサイズ変更するのが楽でした。Altの方は使いづらかったです。

ブラシファイルの追加方法

  • ブラシファイルを直接ダブルクリックで追加できます。
  • 右上の4罫線をクリックしブラシファイルを読み込むと追加されます。

ブラシファイルの保存方法

  • 右上の4罫線をクリックし選択したブラシを書き出しでファイルを保存できます。

ブラシの保存方法

ブラシの保存は2つ方法があります

  • ブラシパネルの右上の4罫線をクリックし新規プリセットをクリックしてOKをする

  • ブラシ設定パネルの右上の4罫線をクリックし新規プリセットをクリックしてOKをする

ブラシプリセットの設定方法 ブラシサイズをプリセットで保存

  • ブラシサイズをプリセットで保存をチェックを入れるとブラシ再選択時に必ずそのサイズが引き継がれます。
  • ツール設定を含めるは必ずチェックを入れてください。
  • カラーを含めるにチェックを入れるとブラシ再選択時でもカラーが引き継がれます。

Photoshopの手振れ補正はある?

上のメニューバーのペイントの滑らかさで手ぶれ補正を設定できます。100%に行くほど強いです。強くしすぎると遅延するから注意が必要です。

 

 

ブラシツールオプションバーの使い方説明

ブラシオプションバーの左から順番に説明していきます。

ブラシの種類

ブラシの種類や直径の硬さ、形状などを指定できる。クリックするとブラシが表示される。

ブラシ設定パネルの切り替え

クリックするとブラシ設定パネルが表示される。

モード

イベントする時の描画モードを指定できる。スクリーンやオーバーレイなど

不透明度

カラーの透明度を変更できる。右にある筆圧ボタンをクリックして有効にするとペンタブレットの筆圧が適用されます。

流量

カラーを適用する速度を設定できる。

エアブラシボタン

クリックしてオンにすると不透明度と流量をあわせて使用する時に、エアブラシのように徐々に濃くなっていきます。

滑らかさ

ペイントの滑らかさを変更できる。

サイズの筆圧ボタン

クリックしてオンにすると、サイズの調整時にペンタブレットの筆圧が使用される。

ペイントの対象オプションを設定

指定した対称軸に沿ってペイントする。対象タイプを選択すると、対称軸編を集モードになるので、オプションバーで設定と確定してからペイントする

 

エレナ
エレナ

イラストを描くときの必須ツールだからマスターしてね。

ピンクブラックウィッチ
ピンクブラックウィッチ

ブラシファイルのの保存方法が分かって良かった、友達に渡すことができる。

コメント